ビビック 違い 評価

ビビックと他のプロバイダーの決定的な違いとは

ビビックが他のプロバイダーと圧倒的に違うところはなんだと思いますか。

 

速度・安定性・サポートの質、違います。

 

前にも書きましたが、私が最もサポートの信頼を置いているのは残念ながらぷららです。

 

速度も、もっと速いところがあります。

 

実は、独自光回線というところなんです。

 

他のプロバイダーの多くは、NTTのフレッツ光回線を借りて、接続業務を行っています。

 

九州では、ビビック以外のプロバイダーと契約するとほぼフレッツ回線ということです。

 

これは、何を意味するかと申しますと、あるマンションで光回線の契約をしたとします。

 

思ったほど速度が出ず、調べてみるとイーサネット方式(LAN方式)という接続方法で改善が見込めなかったとします。

 

ここでプロバイダーを変更したら、イーサネット方式(LAN方式)以外の接続方法になるかという問題です。

 

答えは、ラーメン屋でお任せをして、ラーメン以外が出てくるくらい望み薄です。

 

 

なぜかと申しますと、マンションにはケーブルを通すためのチューブが至る所に張り巡らされています。

 

それは、電話線やら光回線やらを通すためです。イーサネット方式(LAN方式)では、ここにLANケーブルが通されます。

 

プロバイダーを変更する度にケーブルを通していたらチューブに空きがなくなってしまいます。

 

つまり、マンションごとにケーブルが決まっている場合が多いのです。

 

実は、このチューブに空きが無いという理由で、ビビックが入線できなこともあるんです。

 

何が言いたいのかと申しますと、ほかのどのプロバイダーでも安定性が望めなかったとします。

 

ビビックを契約することで、バツグンの安定性を手に入れることができる可能性があるということです。

 

なぜなら、独自回線なので、フレッツ回線とは別にケーブルを引くからです。

 

ビビックは九州電力の子会社QTNetが運営しています。

 

光ケーブルは電線と一緒に九州中張り巡らされています。

 

NTTから回線を借りる必要がないんですね。

 

追加情報

 

私はないのですが、ビビックでもイーサネット方式を採用している事例があるようです。

 

他のプロバイダーに比べたら、圧倒的に少ないのですが把握しておいた方が良いです。